カバー写真

写真プリントの色が合わなくて困ってる?プリント用データつくりますよ!

2018.01.28 Sunday

0


    (プロファイル検証用20点のうちの1点/定期的なブラッシュアップを実施)

     

    ジェネスでは銀塩写真のカラーマネジメントプリントサービスを始めました。

     

    最強寒波、マジ寒いんですけど。かつて山間部で氷点下の夕景撮影があったが、まさか都心近郊で氷点下の夕景撮影とは!?春の到来が待ち遠しい1月。

     

    これまでにもブログで何度か書いていますが、写真の色が合わなくて困った経験はありませんか?と言われても、カメラマンでなければそんな経験はないと思いますが。この場合の写真とは、インクジェットプリンターでの出力ではなく、写真プリント・印画紙のことです(CMYKではなくRGBの世界)。

     

    インクジェットプリンターの性能も良くなっていますが、それでも印画紙と比べると鮮やかさやきれいさには差があるのが現状です(個人の好みにもよりますが)。

     

    普段、写真の色なんて気にしていない人が多いと思いますが、アルバム制作を行なっている建築カメラマン等は、写真の色にはすごく気を使います。撮影したRAWデータをPCで現像し、自分で色調補正したデータを、“その色”でプリントしたいのです。これをカラーマネジメントと言います。これが、アルバムを制作する上で非常に重要な要素のひとつです。

     

    デジタルで使用する分には、関係ありませんが、リアルなアルバムとして見る場合、写真の色味が変わってしまっては、元のデータの評価も変わってしまう可能性があります。少しでもクオリティの高いものを追求するのは、アルバム制作をする竣工写真屋の本能、こだわらなければならない領域です。

     

    なので、カメラマンによっては、インクジェットプリンターでプリントした写真でアルバムを制作している方もいらっしゃいます。カラーマネジメントがしやすいので。でも、当社は写真プリントの印画紙にこだわっていますので、その方針は変えません(今のところ)。

     

    その写真プリントの色を合わせることって、実はかなり大変なことなのです。正しい色が表現されたモニター(キャリブレーションされたもの)を使うことはもちろん、合わせる側のプリントされた写真を見る環境が大事です。

     

    当社モニターのキャリブレーション目標値は、輝度80cd/屐白色点5500K、ガンマ2.2です。印刷会社にあるような高額の色見台はありませんが、色検証用のランプを備えたデスクスタンドで色見台と似た環境をつくり、色の検証を行っています。

     

    見る環境の明るさや光の色によって、写真の色(見え方)は非常に変わります。なので、モニターの設定値と見る環境を合わせて初めて検証できます。そこが悩ましいところなんです。お客様の環境が、当社と同じである可能性はほとんどない。しかも、お客様によって、モニターや写真を見る環境(照明の種類)はそれぞれ異なります。

     

    だから、こちらで色を合わせたプリントも、見る環境によって“違って見えてしまう”ことがカラーマネジメントの難しいところ。よくお客様に伝える条件は、「晴れの正午前後の時間帯、ガラス越しではなく直射日光の当たる場所で!」。

    お客様の立場で写真の色味を確認してもらうには、最適な条件となります(というかこれしか方法がない!?)。

     

    当社のプリントは、いつもフジフィルムのフロンティアという写真現像機でプリントしています。色空間はsRGB相当(厳密にはsRGBを100%はカバーしていない)。なので、AdobeRGBのプロファイルはsRGBに変換してプリントします。

     

    したがって、AdobeRGB(のモニター)では表現できる鮮やかな緑や赤、紺などはsRGBの色空間の色に置き換えられます。分かりやすいのは、鮮やかな芝生や夕景のきれいな空など。これはモニターの色が羨ましくなりますね。

     

    写真プリントに関してはネットで簡単に注文でき、L判なら1枚10円以下のサービスも。簡単・便利な写真プリントですが、実は色に関しては元のデータとかなり違ってプリントされているのです。現像機特有の“彩度・明度・コントラストが上がる”、“赤や青が強く出るなど”など、カメラマンにとっては厄介な特性があります。

     

    でも、これは多くの方がプリントするには必要なもので、自分のような少数派がいくら叫んだところで仕方がないこと。自動補正があるじゃん?と言われそうですが、カラーマネジメントの観点からは正直全然使えないものです。

     

    逆に言えば、それだけ元のデータが“見劣りするもの”だとも言えます。そのデータをきれいな写真にプリントするには、前述の現像機の特性が必要なんです。デジタルなら撮影した画像をすぐに見ることができます。そう、その見ているモニターのおかげできれいに見えているのです。

     

    特に最近はスマホのモニター性能によるところが大きい。きれいに見えるようなモニターなんですよ。実際、キャリブレーションモニターでスマホの写真を見ればわかります(違いに驚くかも?)。

     

    その写真現像機の特性(色調変換の傾向)を掴んで、プリント用のデータをつくる。赤が強く出るなら赤を抑えたデータにする。元となる正データから逆算して“見劣りする画像”に変換。それをプリントすることで、ターゲットの正データに近づく。それが独自のプロファイルです。

     

    経験者ならよーく分かるはず、色を合わせることは至難の業!!お世話になっている識者の方も言っていました。それだけ元のデータと写真プリントでは色が違うということ。

     

    数値をいじるプロファイルの項目は多岐にわたります。Photoshopの「イメージ」→「色調補正」の中に多くのコマンドがあります。その中で、当社プロファイルで調整しているのは・・・


    1)明るさ・コントラスト・・・それぞれ調整
    2)レベル補正・・・「統合RGB」「レッド」「グリーン」「ブルー」の各チャンネル
    3)露光量・・・「露光量」「オフセット」「ガンマ」の3つとも
    4)自然な彩度・・・「自然な彩度」と「彩度」をそれぞれ調整
    5)色相・彩度・・・このコマンド内にはマスター以外に6つの色系統があり、それぞれ「色相・彩度・明度」のスライダがあります。当社では計7つのうち4つを調整(4系統×3スライダ=12項目)。
    6)カラーバランス・・・「シャドウ」「中間調」「ハイライト」にそれぞれ3つのスライダがあるので、3階調×3スライダ=9項目を調整。

     

    そこまで調整してやっと元のデータ(モニターの色味)とほぼほぼ合う。それでも厳密には同じにはならない。しかも現像機はコンディションによって若干色味が変わることがあるとも言われている。ちょっと気になる部分があっても、それを補正すると別の部分に影響が出るといったジレンマがあり、微妙なバランスを取りながら、落としどころを探る・・・という作業をこれまで多くの時間と費用をかけてやってきました。

     

    そこで写真プリントに悩んでいたり、今以上にモニターに近い光沢プリントを希望されている方々などに(建築写真に限りません)、当社独自のプロファイルを活用していただけないか、と。無論そのような方がいれば、の話ですが。

     

    2018年2月より、当社では光沢プリント用データ作成のサービスを提供します。

    サイズは関係なく、1点100円(税別)で、カード払い限定です(paypalを利用します)。お送りいただいたデータを変換し、ストレージサービスを利用してお送りします。プリントの発注はお客様の方でお願いします(自動補正厳禁)。

     

    ただ、品質確保の観点から、プリントする環境は当社と同条件を推奨します。フジフィルムのフロンティアであれば、似たようなプリント結果は得られるかもしれませんが、機種や印画紙、会社によってどのような違いが出るのかわからないので。

     

    詳細は別途ご案内いたしますので、当社ホームページの問い合わせフォームよりご連絡ください。

    ⇒株式会社ジェネスのホームページはこちらより

     

    この独自プロファイルですが、フォトブック用のマット紙はまた別のプロファイルです。マット紙と光沢紙では現像機のプリント傾向が違う!なんてカメラマン泣かせなんだ。でも印画紙の種類が違うのだから仕方ないこと。

     

    当社では光沢紙とマット紙の独自プロファイルを使って、アナログアルバムおよびフォトブックをつくっています。この色味に関してだけは、どうしてもネットでお伝えでないことが残念です。現物でしか確認できない、アナログなこと。だからこそ価値があるとも言えますが。

     

    「なに熱くなって、めっちゃ書いてるの?」
    「それだけ大変なんだよ!だから価値があるんだよ!」 (絶対!! たぶん!? そう願う・・・)

     

    ⇒カラーマネジメントプリントサービスの詳細はこちらより

     


    プリント用データ作成サービスをご利用ください! ジェネスのホームページはこちら(PC版をご高覧ください)

    facebookページのアルバム(撮影実績)はこちらより!

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    profile

    profilephoto

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    links

    建築写真のジェネス

    selected entries

    archives

    recent comment

    • DELLノートPC、スクロールロックの解除方法
      市川 (03/31)
    • DELLノートPC、スクロールロックの解除方法
      いとー (03/31)
    • DELLノートPC、スクロールロックの解除方法
      市川 (01/06)
    • DELLノートPC、スクロールロックの解除方法
      さくら (01/05)
    • DELLノートPC、スクロールロックの解除方法
      市川 (02/12)
    • DELLノートPC、スクロールロックの解除方法
      w (02/12)
    • DELLノートPC、スクロールロックの解除方法
      市川 (12/18)
    • DELLノートPC、スクロールロックの解除方法
      hoge (12/17)
    • DELLノートPC、スクロールロックの解除方法
      市川 (06/04)
    • DELLノートPC、スクロールロックの解除方法
      てぃっしゅ (06/04)

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM